現在の位置 : ホーム > おすすめ観光スポット&イベント > イベント情報詳細 > 文化的景観講演会「武蔵野・野火止と文学」を開催します

文化的景観講演会「武蔵野・野火止と文学」を開催します

更新日:2017年03月03日

 「武蔵野」の面影を残す野火止用水や平林寺境内林は、江戸時代に開発されたものですが、それ以前の風景はどのようなものだったのでしょうか?また、江戸時代以後、どのようにして今日まで守られてきたのでしょうか?
 今回は様々な文学作品の中で詠まれ、書かれ、描かれてきた「武蔵野」や「野火止」を振り返り、未来に伝えるべき景観を考える機会としたいと思います。ご来場をお待ちしております。

日時

  3月19日(日曜日)、午後1時30分~4時

場所

  新座市役所第二庁舎5階 会議室5

定員

  60名・申込順

講師・演題

1. 武蔵野の移り変わり-草原から雑木林へ-
   宮瀧 交二 氏
   (大東文化大学教授・新座市教育委員会教育委員・新座市文化財保護審議委員)

2. 武蔵野の新田開発と武蔵野ブーム
   安島 博幸 氏
   (跡見学園女子大学教授・新座市地方創生推進検討会議委員)

申込み

 3月1日(水曜日)から、直接又は電話で、市役所本庁舎7階 生涯学習スポーツ課へお申し込みください。

ダウンロード版チラシ

 

問い合わせ