現在の位置 : ホーム > 歴史・文化めぐり > 睡足軒の森
歴史・文化めぐり

睡足軒の森

 平林寺境内林の一部にあり、「電力の鬼」と呼ばれ、昭和の大茶人でもあった松永安左エ門(まつながやすざえもん)の屋敷地だった睡足軒。秋には市の木であるモミジが美しく、多くの人が訪れます。

睡足軒の森

マップ


より大きな地図で 睡足軒の森 を表示