現在の位置 : ホーム > 歴史・文化めぐり > 平林寺
歴史・文化めぐり

平林寺

 平林寺は、永和元年(1375)現在のさいたま市岩槻区に創建されました。その後寛文3(1663)年、川越藩主であり、徳川幕府に老中として仕えた松平信綱の遺命によって野火止へ移転されました。「知恵伊豆」とも称された信綱は平林寺にいまも眠り(松平伊豆守信綱夫妻の墓、県指定史跡)、平林寺が一族の菩提寺となっています。
 茅葺屋根の総門、山門、仏殿、中門は県指定有形文化財(建造物)。伽藍を囲むように広がる境内林は東京ドーム約9個分の広さがあり、雑木林としては唯一の国天然記念物に指定されています。
 なお、平林寺は禅修行の専門道場を併設しています。境内を散策する際には案内表示に従い、修行の妨げとならないよう、静粛にお願いします。また、御朱印のご用意はありません。

  

平林寺基本情報

マップ


より大きな地図で 平林寺 を表示


Translate »