現在の位置 : ホーム > 歴史・文化めぐり > 平林寺境内林
歴史・文化めぐり

平林寺境内林

 広さ約43ha、東京ドーム9個分の平林寺境内林は、武蔵野の雑木林の風情をとどめる貴重な文化財として、昭和43年(1968)国の天然記念物に指定されました。雑木林としては唯一の指定となっていて、新座市に残された掛け替えのない自然・文化的資産です。雑木林が織りなす景観を保全するために、現在、文化庁、埼玉県、新座市、平林寺他の連携のもと、平林寺境内林の再生と整備事業が進められています。
 平林寺の伽藍を囲むように広がる境内林には、四季折々の趣が映し出され、閑寂な境内の散策に、心が洗われます。

 


Translate »