現在の位置 : ホーム > 新座の野菜を使ったレシピ~クリスマスケーキ(ブュシュドノエル)~

新座の野菜を使ったレシピ~クリスマスケーキ(ブュシュドノエル)~

新座で採れる今が旬の野菜を使ったレシピを紹介します。

今回は、フランス料理シェフの高橋義男先生が考案した、新座で採れるにんじん、いちごを使った「クリスマスケーキ(ブュシュドノエル)」のレシピです。

ブュシュドノエルはフランス語で、クリスマスの丸太という意味で、ロールケーキを丸太や切り株に見立て、表面に丸太風のデコレーションをしたケーキです。

華やかなクリスマスにぴったりのケーキですので、ぜひお試しください!

クリスマスケーキ(ブッシュドノエル)

                ケーキ写真               

材料 (4人分) 

【ケーキ生地】  

  • 卵…3個(常温にしておく)
  • 砂糖…75g
  • 薄力粉…45g
  • 牛乳・・・15g(人肌に温めておく)

【デコレーション用クリーム】 

  • 生クリーム…200g(うち、にんじん用80g、表面用120g)  
  • にんじん…50g
  • 砂糖… 30g  
  • いちご…5カット

作り方

【ケーキの生地づくり】

(1) ボウルに卵、砂糖を入れて、ハンドミキサーでかき回す。ハンドミキサーの目安は、のの字がかけるくらいまでかき回す。

(2) 薄力粉を入れ混ぜ、さらに牛乳を入れて混ぜ合わせる。

(3)鉄板(20cm×22cm)に、クッキングシート(25cm×30cm)をかけて、(2)を入れる。鉄板を下から2回程度トントン叩き、中の空気を抜く。

(4)あらかじめ180度に温めたオーブンで、12~15分焼き、ラップの上に返して、冷ます。(電子オーブンの場合は180度で15分程度焼く)

【デコレーション用クリームづくり】

(1)ボウルに生クリームと砂糖を入れて泡立てる。

(2)にんじんは、あらかじめ蒸し、冷まして、粗ミジン切りする。

(3)(1)で泡立てた生クリーム80gと(2)のにんじんを合わせ、ケーキの生地の上に塗る。

(4)(3)を生地全体に塗った後、生地をロール状に巻く。

(5)残りの生クリーム120gをロールの表面に塗って仕上げる。表面は、スプーンやフォークなどを使って、木の模様になるように塗る。

(6)最後に、いちごをのせて出来上がり!

新座市くらしの会での実習の様子

このレシピは、新座市くらしの会の調理実習(平成27年11月実施)で紹介されたものです。

講師写真

実習の様子  実習の様子              

ケーキ写真  ケーキ写真

レシピ提供

高橋義男先生

プロフィール

1948年埼玉県生まれ。1966年、義兄の誘いで料理の世界に入り、YMCAホテル、東京九段・ホテルグランドパレス、八重洲富士屋ホテルなどで経験を積む。40歳の時に氷彫刻、フルーツと野菜のカービングを手掛ける。現在は、埼玉近郊の料理講座の講師として活躍中。

 野菜の購入は、市内の農産物直売所を御利用ください。

 市内の主な農産物直売所 

  • 新座農産物直売センター(とれたて畑)

    住所:新座市野火止6-1-48(ふるさと新座館内)

    問合せ:048-483-7200   

    10時~17時営業 月曜、年末年始休み 

  • 新座市片山農産物直売所

    住所:新座市堀ノ内1-9-16

    問合せ:048-482-1136

    土曜・日曜営業 8時~14時

地図の読み込みに関する問題が発生したとき
地図の読み込みに関する問題が発生したとき


Translate »